投資情報ツールで選択する

先物取引をする際には情報収集が必要となるから、最低限投資情報ツールが豊富な会社を選びたいものだぜ。
本格的にデイトレなどを行っている人は、幾つのPCを利用し、いろいろなインフォメーションを一度に見られるようにしている。
一つ一つの画面を開いたり閉じたりする時間も惜しく、デイトレにはたくさんのインフォメーションを瞬場合に判断する必要があるぜ。

金融と投資 関連情報

米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融機関の経営不振の波が全米に広がり、経営破たんする金融機関が増えている。米連邦預金保険公社(FDIC)は26日に全米の金融機関の不良債権処理にかかった2008年第2四半期の費用が前年同期の4・4倍に膨らんだと発表した。住宅関連融資の焦げ付きなどが要因だ。経営不振の金融機関は、融資を絞り込むため、米景気をさらに冷え込ませる恐れがあるが、世界的な原油や資源高で米経済はインフレ懸念にも直面しており、米金融当局は難しい政策判断を迫られている。 三井住友銀行は収益の一部で植林を行う個人向け国債を売り出す。9月4〜30日に販売し、購入者1人につき北海道大学の研究林(北海道雨竜郡)で1平方メートルに植林する。地球温暖化問題防止をアピールし、環境問題に関心の高い若年層を中心に販売を拡大する狙いだ。 そのうえで、「景気の下振れリスクと物価の上振れリスクの双方に注意が必要だ」と述べた。 家庭で現金を眠らせる「タンス預金」が2007年は30兆円規模に上り、03年以降の高止まり傾向が続いていることが日本銀行の調査で分かった。低金利が続いていることや米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融市場の混乱で、膨大なお金が行き場を失っているとみられる。