投資情報ツールで選択する

先物取引をする際には情報収集が必要となるから、最低限投資情報ツールが豊富な会社を選びたいものだぜ。
本格的にデイトレなどを行っている人は、幾つのPCを利用し、いろいろなインフォメーションを一度に見られるようにしている。
一つ一つの画面を開いたり閉じたりする時間も惜しく、デイトレにはたくさんのインフォメーションを瞬場合に判断する必要があるぜ。

金融と投資 関連情報

みずほコーポレート銀行は今年1月に米証券大手メリルリンチに約1300億円を出資するなど海外戦略を強化。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行も欧米の金融機関との連携を強めており、邦銀の海外攻勢が加速している。 日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。 三井住友銀行は収益の一部で植林を行う個人向け国債を売り出す。9月4〜30日に販売し、購入者1人につき北海道大学の研究林(北海道雨竜郡)で1平方メートルに植林する。地球温暖化問題防止をアピールし、環境問題に関心の高い若年層を中心に販売を拡大する狙いだ。 ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。