クリストファー・ベイリー

<現在のデザイナーは、クリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)。上質なベーシックアイテムに、スポーティーな要素をバランスよく挟み込むのが得意。ミラノコレクションで発表されている。
トレンチコートは、宝塚歌劇団の男役がしばしば舞台上で着用している。>
(--Wikipediaより引用させてもらいます--)

映画界の有名人が愛用していただけにとどまらず、軍隊が使っていたり、宝塚の舞台衣装にもなっているなんてね。
バーバリーの服とくれば、トレンチコートが有名なので、一度みてみるといいかも^^

まずトレンチコートについて語ったけど、次は普通の服について。

基本的に、使いまわしや着こなししやすいのが多いですね〜。
トレードのチェックを使ったのは勿論のこと、無地タイプも多いですよん。
カラーは色々だけど、やっぱり着こなしがしやすいような、ブラック・ホワイト・ベージュなどデイリーに合わせて使えるのもが多いのが、バーバリーの服の嬉しい点だと思いますねん。
奇抜なデザインも遊びではいいけど、「普段に着られない・・・」というのあるよね。
バーバリーは買っても使い道に困らないデザインのばかりだから、買って後悔することがないのがいいよね。

ビジネス 関連情報

世界的にも有名な地震大国でもある日本では、耐震にまつわることは常に大きな関心をもたれていると思います。 値段でいえば、100万円を軽く超える高級さ、こだわって、徹底管理された革素材、丈夫さの定評。 バーキンのほうなのですが、当時のエルメスの社長が、たまたま航空機内で一緒になったフランス女優・ジェーンバーキンのバッグの乱雑な中身をみて、彼女のために作ることを申し入れたのが始まりと言われています。 知らなくても、自分の住む住宅や職場・学校などで私たちとって建築基準法は身近そうですよね。