.サプリメント

ファインリッチの製品は、おおまかにサプリメントとコスメ・美容品になっているよね。
使用成分がしっかり記載されているファインリッチのサプリメントは、どのようなものがあるのか、気になるよね。
サプリメントといっても、ご存知のように総合栄養補助食品から、各症状や目的別に効果があると言われているものから、様々だ。
おいどんはファインリッチのサプリメントは常用していませんけど、やはり美容は気になるので、ビタミン剤やコラーゲン、ファイバーをよく飲んでいるね。
なにかと忙しいから、食事がおろそかになっているのは自覚していますけど、作る時間を含めてなかなか長いこと食事に時間を取られたくない・・・というのが現実だと思う

ファインリッチでも、総合栄養から、目的別のサプリメント、ダイエット向け、体内浄化など、欲しいアイテムが揃っているね。
よくダイエット向けアイテムで、度々話題に上げられるのが、「違法成分(国内では)」が、輸入サプリメント中に入っていて、健康被害を起こす可能性があると報じられることだね。

お役立ち 関連情報

タイのサマック政権の退陣を求める反政府団体・民主主義市民連合(PAD)の支持者は29日、観光地プーケットなど3空港に侵入。閉鎖に追い込んだ。PADに呼応する国鉄職員は同日、事実上のストに入り、多数の列車が運休。政府がPADの首相府占拠を放置するうちに、無法状態が広がり始めている。 当初提示されたTOB価格について、低すぎるとの見解を表明していたユニオンバンカル(UNBC)の社外取締役で構成する特別委員会は、新しい価格の受け入れをユニオンバンカルの取締役会に提案した。同取締役会はこの提案を受け、完全子会社化に向けた契約書を承認すると同時に、少数株主に対してTOBに応募するよう求めることを決議した。これにより、TOB価格をめぐる三菱UFJと特別委との交渉は一転決着した。 米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。日本列島は日本海上空の寒気に南東から湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、三重県の鳥羽で時間雨量72ミリ、神奈川県の辻堂で60・5ミリを記録するなど、30日も東北から西日本の広い範囲で局地的に50ミリを超える大雨となった。 31日朝にかけても大気の状態が不安定で、1時間で80ミリを超える猛烈な大雨になる地域もあると予想され、気象庁は土砂災害や河川の増水、浸水に警戒するよう呼び掛けている。日本列島は30日も、東北から近畿にかけて局地的な大雨となった。気象庁は31日朝にかけても1時間に30−50ミリ、所により80ミリを超す猛烈な雨や落雷、突風の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。